アルバニアシミ剥がれる?効果なし?【シミ消えない使い方】

 

この記事を書いている人 - WRITER -

人気のアルバニアホワイトニングクリーム。

ネットの口コミには「効果が感じられない」とか「効果がない」といったのもあります。

アルバニアホワイトニングクリームは本当に効かないのか調べて見ました。

アルバニアが効かないという口コミ

「3ヶ月使いましたがシミは消えませんでした」

「肌は潤った感じがしましたがシミには効果ありません」

シミには効果がなかったという口コミが多かったですね。

シミができるメカニズム

シミのできるメカニズムまず説明していきましょう。

1.紫外線の刺激

紫外線浴びると皮膚の細胞のケラチナサイド(表皮細胞)が紫外線から刺激を受けていると感知します。完治するとケラチナサイトは遺伝伝達物質のシグナル出します。

そのシグナルをさらに下のメラノサイト(色素細胞)に作用します。

2.メラニンの発生

シグナルを受けたメラノサイトはメラニンを作り出して、肌を紫外線から守ろうとします。メラニンは紫外線などの刺激から守ります。生きていく上でメラニンは必須です。もしなければ肌は大変ことになるでしょう。

3.メラニンの沈着

普段のメラニンは適量が作られて細胞を刺激から守りますが、何らかの要因でメラニン過剰に分泌されてケラチナサイトに滞留してしまうことがあります。

ケラチナサイドにメラニンがたまり色素沈着してシミになります。

これがシミができるメカニズムです。

>>公式サイトはこちら<<

アルバニアホワイトニングクリーム効果

効果

アルバニアホワイトニングクリームの効果は以下の通りです。

  • しみ、くすみを防ぐ
  • 肌荒れの改善、予防
  • 保湿
  • ハリ、弾力、ツヤを与える

2つの有効成分がシミやくすみの元となるメラニンの生成を抑え、肌荒れやニキビを沈静化、予防します。6種類の天然由来成分が肌を潤し、健やかな状態に整えてくれます。

2つの有効成分配合

メラニン生成抑制効果のあるトラネキサム酸と、ニキビや肌荒れに効果のあるグリチルレチン酸ステアリルという2つの有効成分が配合されています。美白効果や抗炎症作用のある成分ですが、医療現場や化粧品、シャンプーなどに使用されてきた実績ある安全性の高い成分です。

 

シミは消える効果は・・・

ちょっと待って「シミ、くすみを防ぐ」って、シミを消す効果は?

勘違いされている方も多いですがシミを消す効果はありません!

アルバニアの本当効果は

『シミやくすみの発生を防いで美白を保ってくれる!』

なのです。

なのでもう出来てしまってるシミには効果がないんですね。

『アルバニアはシミの特効薬ではなく、シミの予防薬!』

こういう認識していただければ良いと思います。

>>公式サイトはこちら<<

アルバニア効かないというまとめ

アルバニアホワイトニングクリームはシミを予防には効果を発揮する美容クリームなのは間違いありません。

ただ1部の方がシミを消すことに効果があると勘違いしてしまっているの「効かないと」いう悪い口コミが増えてしまっている原因です。

しっかりと使い方と効果を理解してシミを予防して美白な肌を保っていきましょう。

>>公式サイトはこちら<<

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 美活ラボ , 2017 All Rights Reserved.